女峰山にトレーニング山行

7月下旬に北アルプスの剱岳へ登る計画を立てていたので、その前に足を慣らしておこうということで今回の山行を計画しました。

比較的自宅から近くて、距離が長く標高差があるルートということで、日光の女峰山にテント泊装備で行ってみることにしました。テント泊1泊2日の計画です。

今回選んだルートは黒岩尾根という登山道です。標高差1,700m、片道約9kmのルートです。白糸の滝駐車場に車を停めたので同じルートを戻るピストン山行になります。

女峰山のバカ尾根と言われている黒岩尾根をただひたすら登り詰めていくことになります。今回は特筆するような危険箇所はありませんが、ひたすら標高を上げていく修行山行です。

行者堂の登山口から入山

日光東照宮奥にある行者堂という所には女峰山への登山口があります。今回はそこから入山しました。

登山口の最初は苔むした石畳を歩いていきます。

すでに傾斜があり、少しずつ登っていきます。

行者堂に到着。女峰山への道は社の左側奥にあります。

ちなみにこの場所で標高700mくらい。

社を過ぎると登山者に向けた注意の看板がありました。

相当古そうです。地面に直置きされている、、、、

注意書きの通り、標高差1,700mあるうえにかなりの距離を歩くことになりますので、日帰りの場合は相当早出することと装備の軽量化が大切になります。

社を通過してさらに登っていくと、森の中を通っていきます。

森の中で展望はありません。しかもかなりの急登です。

最初は尾根の末端に乗り上げるルートのようです。

笹原の急登をひたすら登る

尾根に乗り上げ、木々が茂った中をひたすら標高を上げていきます。

写真の通り少し草刈りはされているようで、比較的歩き易い。

本来、人の手が入っていなければ、草が生い茂っていて藪こぎになってしまいます。

笹原の中をどんどん登っていきます。

天候は曇りのち雨の予報。元々、道中は展望のない樹林帯を進むルートですが、ずっと登りの道しか無く、周囲の景色を堪能する余裕も無かったです。

何回も休憩をはさみながら登っていきます。

稚児ヶ墓
水場分岐

所々、標識があります。水場分岐まででスタートしてから約4キロほど。片道約10キロになりますので、半分近く登ってきたことになります。

水場分岐では水場の確認はしませんでした。

八風を通過。

ここまで来ると、岩が露出した登山道になってきます。道の傾斜もきつくなり、登り辛さを増します。

黒岩の標識
苦しけりされど登りたし

黒岩の標識を過ぎたあたりから、本当の急登が始まります。

このルートの一番きつい部分かもしれません。手を使って四本足で登るような傾斜にテント泊装備の重荷がこたえます。

箱石金剛

箱石金剛まで来ました。ここまで来れば、アップダウンはなくなります。

この先はガレた斜面をトラバースする道になりますが、そこだけ気をつけて行けば大丈夫です。本日の目的地である唐沢避難小屋まであと少し。

唐沢避難小屋到着

唐沢避難小屋

唐沢避難小屋に到着。本当に急登で疲れました。ここまでで休憩を入れて6時間45分。けっこう急登続きでたくさん休憩してしまいました。

なんとか日が沈む前に到着できました。

この避難小屋は近くに水場もあり、山頂アプローチの休憩場所としてよく使われています。今回は水も背負って登った為、水場の確認はしませんでした。聞くところによるとすごく美味しい水だそうです。

到着時には、小屋には単独で来られていた60代の女性1名、アメリカ人の方2名がいました。

外のテントには、どこかの高校の山岳部と思われる子達もいました。4名ほどだったかと思います。

すでに夕方。5時30分を過ぎています。日が落ちて暗くなる前にテントを設営。

場所は山頂直下ですが、樹林帯の中なので風も無くてテントは張りやすい。

手早くお湯を沸かし、夕食のカップヌードルとおにぎりを食べました。

夕食を食べ、寝袋の中でまったりしていると、疲れからか眠くなりました。

翌朝に山頂アタックもありますので就寝することにしました。この時点でだいたい夜7時くらい。

夜になり天候は雨になった様子。テントを雨粒が叩く音で何度か目が覚めましたが、翌朝スッキリするくらいに快眠することができました。

女峰山山頂へ翌朝アタック

女峰山直下のガレた急登

翌朝5時30分、手早く朝食を済ませて山頂アタックの準備を済ませます。

すでに先行して到着していた高校山岳部の方はすでに撤収されていていませんでした。小屋の方3名も起きていました。

山頂アタックの前に小屋の方に話を聞くと、私と同じルートで登ってきたとのことでした。すでに山頂へは昨日のうちに登り、今日は下山するだけとのこと。

アメリカ人の方2名は同じルートで下山したくないと話をしていました。

違うルートを教えてほしいとのことだったので、英語はあまり得意ではないですが、地図を指差しながら英単語を並べて身振り手振り説明しました。なんとか理解していただいたようで良かった。

しかし、気温15度くらいでアメリカ人は短パン。私はフリース着てるくらいなのに、彼等はどういう体してるのだろうか。寒くないのか?

下山できるか少し心配になりましたが、案外元気そうだったので挨拶をして、そのまま山頂アタックに向かいました。

唐沢避難小屋から山頂まではガレた急斜面を登っていきます。

距離にして200から300メートルくらいですが、急登の為に思うように進みません。滑ってしまうとかなり落ちてしまう危ない場所もありますので、慎重に登っていきます。

山頂前の祠
女峰山山頂 2,483m

急登を登り切り、ようやく山頂に到着。

天候が良くないことは計画段階で判っていましたが、本当にガスっていて全く景色が見えません。ホワイトアウトです。

雨はほとんど降っていませんが、下からどんどんガスが流れてきて、展望は回復する様子がありません。

長居しても仕方ないので、早々に避難小屋へ戻ることにしました。

避難小屋に到着する頃には雨が降りはじめました。

山頂アタック前にお話した小屋泊の方々3名は下山されたようで、小屋は無人でした。

私もテントを撤収し下山を開始します。朝8時、下山開始。

雨の中を下山開始

下山時の箱石金剛

下山は登ってきた同じ道を戻ります。

ひたすら登りだったこともあって、下山はずっと下り。

雨が降っていて足元が滑るので、気をつけながら下っていきます。

下山はかなりハイスピードで下ることができました。

行者堂登山口まで下山

行者堂登山口まで戻ってきました。この後は石畳の道を過ぎるとアスファルトの道路になります。

下山開始が朝8時、行者堂登山口を通過し、マイカーが停めてある所で11時56分でした。約4時間で下山できたことになります。

雨の中の下山はしんどかった。

本日のまとめ

今回の目的はトレーニングでしたので、無事歩き通せたので良かったです。

やはり噂に名高いキツさ。片道9キロ、1,700mの標高差は伊達じゃない。

標高差を利用して、登り降りのトレーニングには最適かと思います。ただ、全体を通して樹林帯を登るルートの為、展望は期待できません。本来、山頂の展望はいいんですが、、、、

紅葉の時期などの少し涼しい時期であれば、もっと風景も楽しめるかと思います。

近くに男体山というメジャーな百名山があるからか、人が少なくて静かな山行となりました。

トレーニングルートとしては大変登り応えのあるルートでした。他にも登山ルートはたくさんありますので、次回は別ルートで登りたいと思いました。

記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

栃木県在住の週末ハイカー。 小学生の時に入っていたボーイスカウトが僕のアウトドア活動の原点です。 当ブログでは登山を中心にアウトドア活動の記録を綴っています。