西上州薮岩登山 荒船山艫岩・立岩を周回

8月11日、日帰りで群馬県と長野県の県境にある荒船山と立岩に登ってきました。

天気は曇のち雨とあまり良いコンディションではなかったですが、霧に包まれた森で静かな山歩きができました。荒船山だけなら辛いアップダウンも少なく、道標も豊富なので初心者におすすめのコースです。

登山口から荒船山艫岩へ

入山は群馬県南牧村の奥にある線ヶ滝登山口から入ります。

道路の行き止まりまで行くと、登山口の看板がありました。ここは車が6台ほど駐車できるスペースがありました。

停まっている車は1台だけでした。

登り始めて最初の標識と祠。花が供えてありました。

西上州のテーブルマウンテンと言われる荒船山。コンディションが良ければ、もっと登山者もいるのでしょう。

この登山道は木の橋もありますが、写真の通り立派な鉄製の橋もあり、良く整備されています。

しばらくは沢に沿って登っていきます。

とても山深い。緑がきれいです。苔むした森の中をどんどん標高を上げていきます。

水飲場の標識。この先20mくらいのところで水が出ていました。

とても冷たくて美味しい水でした。

道標も豊富にありました。

しかし、なんだか作為的に破壊されたような跡があって残念です。

この登山道は良く歩かれているようですし、所々に木でできたベンチがたくさんあります。休憩場所は豊富です。

星尾峠まで来ました。この山域の案内板があります。このまま進んで艫岩まで行きます。

ここで雨が強くなってきましたが、木が多いせいか雨が下まで落ちてきません。

もう少しで艫岩なので、雨具は着用せずにこのまま進みます。

テーブルマウンテンのテーブル部分まで来たようです。

分岐。艫岩の絶壁まで行きます。

西上州のテーブルマウンテンと言われるだけあって、山なのにすごく平坦で歩き易い。艫岩は荒船山の西端です。平坦な道をひたすら西に向かって歩いて行きます。

雨のおかげで霧が出てきた。モヤモヤした森の中をひたすら歩きます。

平坦な道をひたすら歩いてきました。艫岩到着です。

艫岩の休憩所はテーブルとベンチがあります。トイレはあるようですが、使用禁止になっていました。

艫岩の西端。予想通り何も見えない。ホワイトアウト。

まあ、登山をしていれば、こんな日もありますよね。

ここはかなり切れ落ちた絶壁ですが、転落防止の柵が無いので近づきすぎないように注意です。

何名かハイカーの方がいました。どうやら自分が登ってきた道とは別ルートから来たとのことでした。挨拶もそこそこにバックパックを下ろし、休憩。

晴れていれば、見渡せたはず、、、、残念。

とりあえず艫岩で昼休憩にしました。

この後、立岩方面に向かいます。

艫岩から立岩方面へ

艫岩を出発し、経塚山へ向かいます。

経塚山は荒船山の一部で、標高が一番高い場所です。

この分岐の先は急な登りになっています。

経塚山到着。荒船山の板と経塚山の表示もあります。ここも荒船山の一部ということですね。

ここまでは分岐から300mくらいですが、急登でした。

5分ほど休憩してから立岩に向かいます。

立岩への標識。ヤブ道らしいです。ここでも標識が破壊されていました。

立岩への標識②。あと600mですね。

経塚山からここまでは細い尾根道となっています。両側は急傾斜になっていますので注意して進みます。

本日のラスボス、立岩到着。これ行けるようには見えないですよね。

梯子と鎖が連続する区間になります。少しの区間ですが、気を引き締めていきます。

近づくと高度感が凄い。切れ落ちていて怖い。

草が生い茂っていて、崖が判りにくいので注意です。

西立岩山頂。ここにもベンチがあります。ベンチを岩の上まで持ってきたのが凄いと思う。

周囲の山も切り立った岩山です。

秋の紅葉時期は凄い紅葉が見られそうですね。

立岩から降りた後、鎖場を行きます。

左側はかなりの急斜面。

最後の岩場を通過しました。鎖と梯子の楽しいアスレチックでした。

この後はもう難所は無く、ひたすら林道を下山することになります。

沢に出ました。

後は沢沿いに下っていくだけです。この辺りまで来ると林業の方の作業道なのか、歩きやすい林道になります。もうすぐゴールです。

無事、登山口帰着。お疲れ様でした。

本日のまとめ

ガスガスの中の山行になりました。

冒頭にも書きましたが、荒船山は登山道がよく整備されていて、アップダウンもそれほどでも無くて初級者の方と一緒に行っても楽しめる山だと思います。

立岩をルートから外して艫岩をピストンするのも良いかもしれません。

艫岩の展望が無かったのが残念でしたが、立岩の岩場が楽しくて登り応えがありました。次回は天候を見計らって西上州の薮岩に挑戦したいと思います。

帰り道に道の駅南牧でコーラを飲んで帰路につきました。

記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

栃木県在住の週末ハイカー。 小学生の時に入っていたボーイスカウトが僕のアウトドア活動の原点です。 当ブログでは登山を中心にアウトドア活動の記録を綴っています。