新潟の名峰、初秋の巻機山へ

2019年9月28日、日帰り登山で新潟県にある巻機山へ登ってきました。

巻機山は日本百名山になっている南魚沼市の山です。

紅葉が始まったとの噂を聞いて、今回登ることにしました。

では、いってみましょう。

今回の登山ルート

本日登っていくルートは井戸尾根というルートを使います。

巻機山は多くのルートがありますが、今回初めて来たということもあり、一番ポピュラーなルートで行くことにしました。

尾根道を登っていくので、稜線で紅葉が見られたら良いなという期待もあります。

登山口は駐車場からすぐ判ります。

このような案内板がありますので、迷わないです。

ちなみに駐車場は有料(500円)です。

この日は休日ということもあって、沢山の登山者が居ました。

新潟県外からも沢山来ていました。

関東圏ナンバーの車が多かったですが、遠い所だと滋賀ナンバーの車もあり、さすが百名山と言われるところです。

駐車場奥から続く道を上っていきます。

クマ注意の看板があり、気を引き締めていきます。

井戸尾根コースで登る

駐車場から上ってすぐの分岐。

今日は井戸尾根コースを往復します。

ヤブ山と違って、きちんと道標が整備されているのが百名山のいい所。

ここから本格的な登山道に入っていきます。

途中、粘土質のドロドロの道。

雨が降ったら、ツルツルでどうにもならなそう、、、

四合目到着。

標識はベコベコになっていました。

樹林帯へ入る。

この辺りの道は土と石のミックスでした。

登り途中の展望地。

目指す稜線はあそこか。

見る限り、青々としていて紅葉って感じではないのかな。

五合目到着。

少し広くなっているが、全く展望は無い。ここでは特に休憩せずに登っていきました。

稜線へ向かう

樹林帯も終わり、見通しが良くなってきました。

この場所はかなり広くなっていて大きな岩があり、沢山の人が休憩していました。

私もこの場所でおやつ休憩にしました。

一部、赤く色づいていましたが、全体的に見頃は10月中旬かな。

休憩もそこそこにして、登り始めます。

この先の八合目、九合目あたりまではけっこうな急登になります。

八合目。

今日の天気は曇りですが、遠くまで見渡せました。

遠くの山の稜線がきれいです。

九合目、ニセ巻機山到着

九合目到着。ニセ巻機山とも言うらしいです。

確かに下から見たらココしか見えないので、山頂と勘違いするかも。

実際の巻機山はここから下って行き、避難小屋を通過してまた登るという、アップダウンに富んだ登山道になっています。

避難小屋到着。

たくさんの登山者が避難小屋前のベンチで休憩されていました。

急登を登って疲れたので、ここで軽食を摂りました。

この先、山頂へ向けての登りが始まります。

山頂から下山までの道

山頂到着。

ここも山頂の標識はあるにはあるが、本当の山頂は先にあるとのこと。

一応、本当の山頂まで行ってみることにします。

稜線も部分的に紅葉し始めています。

紅葉ピーク時は本当に景色が良さそうですね。

どうやら本当の山頂らしき所にはケルンがありました。

この先も登山道が続いていて、他の山へ縦走ができるようです。

登頂の目的は果たせたし、私はここで引き返しました。

ここからはゆっくり下りながら、写真を撮っていくことにします。

稜線上の池塘。

草も色づき始めていました。

小さく黒く見える建物が避難小屋です。このロケーションはきれいだと思いました。

道の脇にある紅葉は赤くなっていましたね。

山々の稜線がカッコイイ。

色付きはこれからと言ったところですが、これはこれで良い景色です。

下山開始

景色をゆっくり堪能したので、下山することにします。

登ってきた道をひたすら下るので、下山路については写真割愛です。

すいません。

井戸尾根登山口まで降りてきました。

ここからはデコボコの少ない道になります。

無事、駐車場まで戻ってきました。お疲れ様でした。

今日は特段暑くなくて、とても登りやすかったです。

今回の山行では紅葉はこれからという感じでした。

10月初旬から中旬くらいが見頃になると思います。

次に来る時は紅葉ピークを狙って登りたいですね。

記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

栃木県在住の週末ハイカー。 小学生の時に入っていたボーイスカウトが僕のアウトドア活動の原点です。 当ブログでは登山を中心にアウトドア活動の記録を綴っています。