紅葉の日光を撮りに半月山へ登ってきました。

日光の紅葉もいい感じになってきた頃だと思い、男体山や中禅寺湖が見渡せる半月山に登ってきました。

世界遺産の日光東照宮がある観光地としても有名な日光。

普通の時間に出発しては渋滞に巻き込まれてしまいます。

天気予報を見て、快晴の予報だったので早めに家を出て、午前6:30頃に中禅寺湖湖畔にある歌が浜駐車場に到着しました。

朝焼けの歌が浜駐車場を出発

山々に日が当たり始める。朝焼けが綺麗。

男体山も赤く染まってきました。

午前7:00前の早い時間帯ですが、登山者が何人も駐車場を出発していきました。

カメラを持った人も多数いまして、人気スポットであることがわかります。

私も準備を済ませて出発することにします。

今日は風も無く、おだやかな感じです。

空も雲が少ないので、青空が期待できそうです。

赤や黄色に色づいた木々が目に入り、そのたびに立ち止まってシャッターを切ります。

足が止まって、なかなか先に進みません笑。

イタリア大使館記念公園まで来ました。

こちらも紅葉がきれいです。

まだ早い時間帯の為、誰もいませんでした。

こちらは落ち着いたカフェもあり、日中は人で賑わう場所です。

今回のルートでは、阿世潟までは中禅寺湖に沿って林道を歩いていきます。

よく整備された遊歩道になっていて、平坦な道が続きます。

この辺りまでは雨が降っていなければ、スニーカーでも来られそうです。

阿世潟峠経由で半月山に向かう

写真スポットで有名な八丁出島。こちらも紅葉がきれい。

八丁出島を通り過ぎ、阿世潟から阿世潟峠に向かいます。

ここからは本格的な山道になります。

阿世潟峠到着。

ここは社山と半月山方面の分岐でもあります。

ここまで登ってくると足尾方面も見渡せます。

足尾方面の山々

阿世潟峠から中禅寺山へ向かう

阿世潟峠から半月山へ向かうにはひと山越えていかないといけません。

中禅寺山へ向けて笹薮の尾根を登っていきます。

枯葉が積もっている場所でのスリップに注意して登っていきます。

中禅寺山のピークは木に山名が書かれたプレートがくくりつけられているだけでした。

特別に見晴らしが良いわけでもないので、半月山に向かいます。

中禅寺山からは半月峠に向けて下りになります。

半月峠から半月山へ

半月峠に到着しました。

ここから半月山に向けて、また登りになります。

今度はけっこうな急登が続きます。

半月山南側の尾根も色づきがきれいでした。

左端に見えるのは半月山駐車場です。

急登をクリアし、半月山山頂まで来ました。

本当の山頂は展望がなく、人が集まるのは山頂の途中にある展望台になります。

本日も展望台はたくさんの人で賑わっています。

下からは登山者が前にいませんでしたので、きっと半月山駐車場から登って来られる方が多数なんだと思います。

展望台はスペース的に4畳ほどなので、私は展望台は行かずに撮影スポットを探すことにしました。

空撮できる場所を探しに登って来た道を少し戻りました。

空からドローンで写真を撮る。

快晴で天候にも恵まれたので、青空をバックに紅葉の山と中禅寺湖を撮ることができました。

小さい島は上野島(こうづけのしま)と言うそう。

中禅寺湖にニョキッと出ているのが八丁出島です。

ここの紅葉も素晴らしいです。

八丁出島

八丁出島を真上から。

紅葉のパッチワークがきれいで、なんだかカラフルな靴下みたいだな。

本日の感想

快晴の中、紅葉の中禅寺湖と男体山を空から撮影することができ、大変満足な山行になりました。

日光は季節を問わず、海外からも観光客が来る人気の観光スポットです。

特に紅葉の時期は観光客が増加し、いろは坂周辺で大変な渋滞が発生しますので、自動車利用で行かれる方は早めに到着されるように時間を調整すると良いと思います。

今回利用させていただいた歌が浜駐車場は売店や自動販売機、綺麗なトイレなどの設備が整っています。

社山や半月山に登られる方や中禅寺湖周辺を散策される場合にアクセスが良い場所です。

半月山、社山の登山口、歌ヶ浜の駐車場情報
半月山、社山の登山口となる歌ヶ浜の駐車場に関する情報です。駐車可能台数や有料・無料、トイレの有無やダート路の有無を掲載しています。また、歌ヶ浜から主な登山ルートの往復所要時間も掲載、半月山や社山のマイカー登山のプランニングにお役立てください。

記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

栃木県在住の週末ハイカー。 小学生の時に入っていたボーイスカウトが僕のアウトドア活動の原点です。 当ブログでは登山を中心にアウトドア活動の記録を綴っています。