雪の浅間山へガトーショコラを見に行ってきた。

2020年の登り初めになります。

群馬県と長野県の県境にある浅間山に登ってきました。

今回は高峰高原ビジターセンターからのアプローチで浅間山外輪山の黒斑山を目指すコースです。

高峰高原ビジターセンターは午前10時前で満車状態。なんとか駐車できました。

登山口の看板。浅間山は活火山ですが、現在は噴火警戒レベル1となっています。

当然、すべての山頂に立てる訳ではなく、前掛山まで登ることができます。

その時によって情報が変わりますので、登られる前にチェックしてから登りましょう。

では、クライムオン。

この日も多くの人が登山をしていました。

さすがに人気の山だけあって、雪もしっかりと踏まれており、ラッセルするような場所はありませんでした。

ワカンを持ってきましたが、使わなそうな感じ。

樹林帯の登山道を登り、標高を上げていきます。

雪をかぶった木々がキレイです。

剣ヶ鞘

剣ヶ鞘に到着。

ここまで来ると、浅間山のガトーショコラが見えました。

雪と山肌のコントラストが素晴らしいです。

小諸市の市街地が見えます。

今日は天気が良く、遠くまで見渡すことができました。

トーミの頭

トーミの頭へ到着。

だいぶ近づいてきました。山頂から噴煙が見えます。

黒斑山山頂

黒斑山到着です。

山頂ではたくさんの人が休憩されていました。

山頂はあまり広いわけではないので、軽くサンドイッチを食べてから写真を撮影し、早めに下山を開始しました。

下山途中、雪を纏った木々がキレイに光っていて、思わず足が止まります。

終始快晴で気持ちの良い登山道でした。

空の青さが気持ちいいです。

登山口の看板まで戻ってきました。お疲れ様でした。

登山道はたくさんの人が通っているので、よく踏み固められており、ワカンやスノーシューは必要ないくらいでした。

今後の降雪によってはコンディションは変わると思いますが、私はアイゼンのみで終始歩くことができました。

本日は黒斑山まで行きましたが、特に難所や傾斜が急な場所は少なかったです。

とはいえ一応は雪山ですので、足元や防寒も含めて装備をしっかり準備していくのは大切ですね。

ワカン含め、余計な装備を終始背負って歩いていましたので、良いトレーニングになりました。

下山後に立ち寄った所

下山後は汗を流したいなと思い、お風呂に入れる場所を探しました。

登山口の所にある高峰高原ホテルでも入浴できるようでしたが、私が行った時には団体のお客さんが多かったようで、別の場所を探すことにします。

高速道路から入れる日帰り温泉

平尾温泉みはらしの湯へ立ち寄りました。

ここは佐久平パーキングエリア併設の入浴施設です。

ここなら帰り道の途中ですし、高速道路から直接行けるのでとても便利。

建物内もレストラン有りで、キレイな内装でした。

平尾温泉 みはらしの湯|平尾温泉みはらしの湯 NEW OPEN!!天然温泉を使用した露天風呂は、蓼科山、八ヶ岳連峰を眺望できる圧巻のみはらしです
平尾温泉みはらしの湯 天然温泉を使用した露天風呂は、蓼科山、八ヶ岳連峰を眺望できる圧巻のみはらしです。

汗を流し、さっぱりして帰路につきました。

関東方面から浅間山へ行く時など、高速道路から直接行けるお風呂なのでとても便利です。また利用しようと思いました。

記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

栃木県在住の週末ハイカー。 小学生の時に入っていたボーイスカウトが僕のアウトドア活動の原点です。 当ブログでは登山を中心にアウトドア活動の記録を綴っています。