【初心者向け】登山で足の負担軽減に役立つものをご紹介(膝の痛みと足の攣り対策)

皆さんは登山をしていて足の痛みを感じたことはないですか?

山は長くて急な登りや下りを繰り返しますので、知らない間に足への負担は相当なものになっています。

この記事では実際に使ってみて、足の負担軽減や痛み軽減に役立ったものをご紹介しています。

足の負担軽減に有効なもの

  • トレッキングポールを使う
  • 加圧タイツを履く
  • ニューハレ
  • 芍薬甘草湯

足が痛いと、特に山では歩くのが辛いです。

足の痛みをカバーして、楽しい登山ライフを満喫しましょう。

登山中の膝や足の痛みと違和感を和らげるトレッキングポール

登山ではよく使っている人を見かけるトレッキングポールですが、きちんとした使い方を覚えると絶大な効果を発揮します。

人は特に意識しない状態でも不安定な地面で転ばないように無意識にバランスを取っています。

無意識にバランスを取ることによって、知らない間に足に負担が掛かっています。

背負う荷物が重かったり、歩行時間がより長くなれば、相当な負荷が足に掛かってきます。

トレッキングポールをうまく活用することによって、足だけでなく手を使ってバランスを取ることができるようになり、足の負担軽減につながります。

登りでは短めに、下りでは長めにして使うことで足や膝の負担軽減に効果絶大です。

現在、多くのアウトドアメーカーから、たくさんトレッキングポールが出ています。

できるだけ持ち歩くのに負担にならない、軽量なモデルを選びましょう。

私は最初に何も考えずに頑丈で重いモデルを買ってしまい、持ち歩くのにすごく負担でした。

最近、軽量なモデルに買い替えました。

グリップウェル、本当に軽くていいです。

加圧タイツCW-Xで疲労軽減

通常のトレッキングパンツの下に履く、サポートタイツです。

下着メーカーにのワコールから発売されているCW-Xがおすすめです。

なぜかというと、タイツ単体でサポーターの効果があるからです。

足の部位によって生地を工夫し、締め付け具合を変えています。

タイツとしてはそこそこ値段が張るものの、疲労軽減や足の攣りなどのトラブルに絶大な威力を発揮します。

テーピングテープのニューハレで筋肉の違和感を軽減

足のトラブル防止の為に歩き始める前から貼ります。

私は主に膝のお皿に合わせて貼って使ってます。

膝だけでなく、足首やふくらはぎなどにも使うことができますので、山行の時は常備しておくと良いです。

サポート効果で疲労軽減に効果的です。

足がつった時の芍薬甘草湯

『しゃくやくかんぞうとう』と読みます。

主に足がつった時に飲む漢方薬ですね。

山行がハードな時や長時間歩かなければならない時、1泊以上を山中で過ごす場合は持っていっています。

思いがけず、足がつってしまった時のお守りとして持ち歩いています。

以前、標高差1,700mのコースを1泊2日で登った時に、初日の急登で足がつってしまい動けなくなってしまいましたが、コレを持っていたおかげで山行を続けることができました。

個人差はあるかと思いますが、飲むと10分くらいで足が楽になってきます。

デメリットとしては少々トイレが近くなることくらいですかね。

山行に合わせて1〜2包を救急袋に入れて持ち歩いています。

足の痛みと負担軽減は安全登山につながる

足の痛み、足の負担軽減はコースタイム通りに歩くことができたり、危険箇所をバランスを崩さずに歩けたりと安全な登山につながります。

疲労しにくくなることで、景色を楽しむ心の余裕も出てきますね。

安全につながる道具をうまく利用して、楽しい登山ライフにしましょう。

記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

栃木県在住の週末ハイカー。 小学生の時に入っていたボーイスカウトが僕のアウトドア活動の原点です。 当ブログでは登山を中心にアウトドア活動の記録を綴っています。